FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本日はナチュラルテイストを極めた前橋市H様邸をご紹介します。

モリスが愛した自然を今の時代に合う形で表現してできた
”ピュアモリス”コレクション。 今回は新感覚でモリスをお楽しみ
いただけるカーテンのご紹介です
お選びいただいた生地は、麻地にモリスデザインを刺繍で施してあります。
うっとりするような刺繍と天然素材ならではのナチュラル感で
お部屋の中が温もりのある空間に仕上がっています。

H様のこだわりとセンスの良さが輝いたお部屋に仕上がりました
H様本当にありがとうございました

A46

A47
A48

A49






A50

A51

A52

A53

A54

スポンサーサイト
今日はナチュラルテイストを極めた横浜市にお住まいのN様邸のご紹介です。

横浜より何度も通っていただき、打合せを重ね、大変素敵な空間が出来上がりました。
ナチュラルテイストにこだわったお部屋にぴったりの英国生まれの”ウィリアム・モリス”デザインを
たくさん取り入れました。

150年間世界中から愛され続けている美しい植物模様に
様々な物語を秘めたモリスの生地は心を豊かにしてくれます

全室N様のセンスが輝いている素敵なお部屋に仕上がりました。
N様本当にありがとうございました

A22
A26
A29
A30
A31
A32
A33
A34
A35
A37
A39
A40
A41
A42
A43

今日は天然素材にこだわった前橋市にお住まいのT様邸のご紹介です。

天然素材にこだわったお部屋にぴったりの
英国製コットンプリント”ウィリアム・モリス”
をご提案させていただきました。
150年間世界中から愛され続けている美しい植物模様に
様々な物語を秘めたモリスの生地は心を豊かにしてくれます。

リビングには、モリスの”アイリス”を使用しました。 庭園の花や鳥が迷路のように
入り組んで配置され、アイリスの花の優雅さを巧みに表現しています。
木のぬくもりと”アイリス”のシェードで心あたたまる空間に仕上がっています。
2
3
1

ピアノ室の小窓には、最近当店でも大人気の”ケルムスコットツリー”を使用しました。
両サイドにボーダーを入れることにより、モリスの生地を引き立たせています。
まるで森の中の一部になったような雰囲気に仕上がりました。
4
5

素敵なモリスのシェードを末永くお楽しみいただければと思っております。

T様本当にありがとうございました。


今日はとっても素敵な!ログハウス!!

東京都にお住まいのY様邸のご紹介です。


ログハウスならでは天然素材に合わせて、英国製コットンプリント”ウィリアム・モリス”と

当店がトルコ・イスタンブールより直輸入している”トルコレース”との組み合わせで

ご提案させていただきました。



イスタンブール草木柄のデザインと

アールヌーボーを代表するウィリアム・モリスのデザイン・・・

そもそもの出会いは、今から150年前、第一次カーペットブームの時にペルシャ絨毯が

イラン・タブリーズの商人たちにより、シルクロードの中継点イスタンブールを経て、

テムズ川をのぼり、ロンドンへ、そしてヨーローッパ全土へと広がった経緯があります。

ウイリアム・モリス自身もタブリースの職人に製造方法を学び、

生涯に13枚手織を生産したほどで、当然ながらデザインに大きな影響を受けたことからも、

ペルシャ絨毯のデザインはグラフィックアートの原点と言われる所以です。



今回のご提案で実現した、ログハウスの天然色にマッチする

色合い・ドレープとレースのデザインの融合性は正にインテリアデザインの

原点であるといえます!


今回、モリスの中でも世界中で圧倒的に人気を誇る”イチゴ泥棒”をお使い頂きました。

すべての部屋に″イチゴ泥棒”を色違いで取り入れることにより、

部屋ごとに違う雰囲気を味わいながら、家全体の統一感がとてもある仕上がりになっています。



ログハウスが時間を経て、色合いや風合いを変えていく中で、

日々デザインの中に新たな発見を見出して頂き、

末永くお楽しみいただければと心から願っております、

Y様本当にありがとうございました。


写真をダブルクリックすると拡大されます。

DSC_0060.jpg
DSC_0066.jpg
DSC_0073.jpg
DSC_0068.jpg
DSC_0087.jpg
DSC_0090.jpg
DSC_0083.jpg
DSC_0096.jpg
DSC_0097.jpg
DSC_0092.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。